窓ガラスにボディ用コーティング剤が付着しても油膜を発生させることはありません。付着した場合はキレイなマイクロファイバークロスなどで拭き上げてください。ただし、フロントの窓ガラスなどワイパーを作動させた場合はビビリが発生することが考えられます。この場合はコンパウンドなど研磨剤入りの窓ガラスクリーナーなどで除去してください。