弊社では原料の違いで分類しています。使用上の違いと合わせて下表にまとめました。コーティングは、分子間の結合力が強く塗装面との密着力が高く、長持ちで酸化劣化や酸性雨・熱・紫外線・大気汚染物質にも強いため、ワックスと比較してより強い塗装保護能力をもっています。

  コーティング ワックス 備考
分子構造 3次元ガラス骨格構造 1次元鎖状構造または2次元平面構造  
主材料 レジン、シリカ オイル、ロウ  
被膜の持ち 2~3以上 ワックスを1とした場合、例えばワックスで一か月の環境の場合、コーティングの場合は2~3カ月
劣化しにくさ・耐久性 ★★★★★ ★★★☆☆  
窓ガラスへの影響 付着しても油膜の原因にはならない。 付着すると油膜の原因となる。