窓ガラスにワックス剤が付着すると油膜の原因になります。ワックス剤を塗布する際にはできるだけ窓ガラスに付着しないようにしてください。ワックス剤は雨水とともに流れだし、窓ガラスの油膜の原因となる場合があります。付着した油膜が気になる場合は、市販の窓ガラス油膜取りクリーナーで除去してください。

弊社のボディ用コーティング剤は窓ガラスに付着しても油膜やくもりにはなりません。ワックス剤の油膜が気になる場合はコーティング剤の使用をご検討ください。